猫とワタシ

碧い林檎 連絡帳

更新情報や拍手お礼、その他ネタ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する小説家になろうさんのリニューアル

お知らせ

利用させていただいている投稿サイト「小説家になろう」さんがリニューアルするそうです。

携帯の方はこちらを閲覧していただいているのですが、もしかしたら繋がらなかったりするかもしれません。

その間は野いちごさんをご利用ください。(といっても、闇の眼第2部以降はまだ移していませんが)

おそらく30日以内には終わると思うので、その間どうぞ宜しくお願いします。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(8)更新

更新情報

更新してます。

なんだか中途半端な長さになってしまって……

この頃3000字~4000字の長さになることが多いです。

PCの場合は良いのですが、携帯だと3ページになるのでアップするときに少し悩みます。以前は2ページで収まるようにと考えていたのですが。

日記日記ってちょっとどうなのよと自分で思ってしまって、書いた後もウジウジしていました(汗

スピカの日記は伏線のつもりだったのですが、割と重要な位置にある事に気が付いてしまったので(いまさら)、構成を見直さないとなあと思っているところです。エピソードとしては必要なのですがどこで出すかはまだ考える余地がある……

プロットの段階ではバランスが分からないのです。へぼくてすみません。

次回多分10章終了です。

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(7)更新

更新情報

「——に似てない」って凄まじい誤摩化し方をしています。

一応ミステリなので、ぼかしました。推理して下さい! ヒントは前文にあるので、分かる人には分かってしまうかも……

そんなに難しくはないのです。しかし材料はまだ出そろってません。

年表はネタバレと同時に発表しようかと今のところ思ってますが、これ結構大変で。頭の中にしかないものなので、一度書き出した方が良いとは思うのです。しかし面倒だ!


いつも拍手ありがとうございます! 励みに頑張ります!

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(6)更新

更新情報

シリウスは相当我慢してるんだよなと改めて感じた回でした。無理が続いているので、周りがフォローしてやって欲しいです。(作者が虐めまくっているので)


毎度変なところで切ってすみません。

お約束のごとく情報が小出しになっています。

終盤に入っている証拠だったりします。

こういうのはネタバレのタイミングがとても難しいので、いつも苦労します。早くはっきりさせろとお思いの方も多いでしょうけれど、しばしお付き合いください。


いつも拍手をありがとうございます!

頑張ります!

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(5)更新とか

更新情報

更新しました。

こちらも結構つまり気味な部分でした。どうも展開を急いでいる気がしてならない(汗

終盤急ぐのは悪い癖です。


あたしは、猫。に各話サブタイトルをつけました。

携帯サイトの方で改稿版をアップしているのですが、

その際に目次ページがあまりに寂しい感じだった(1、2、……と数字だけが並んでいる)ので、サブタイトルを考えたのです。

せっかくつけたのでPC版も反映させようと。でもこちらで反映させたのは、主にクリックしにくかったからという理由(汗)と自分でもどの話がどの話なのか分からなかったからです。読み直す際に困りました。不親切な造りだなあと思って。

あと少しでも即バックを減らしたかったり(汗

(冒頭で猫がしゃべると、帰っていかれる方が多い気が……気のせいであって欲しいけれど、結構事実)


でもサブタイトルって下手したらネタバレなので難しいです。

自分でネタバレしてるつもりがなかったりするのが危険。

大抵が文中からそのまま引用してますが、個人的に気に入ってるタイトルは「変態はお互い様」とか「だってそれが人間だから」とか。


いつも拍手をありがとうございます!

連休なので執筆が滞り気味ですが……励みに頑張ります!

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(4)更新

更新情報

長くなったので後半を分離しました。というか、この話はやはり1話に分けるべきかと思いまして。なので妙に短いです。2000字いかなかった……。

凄まじく難しかったです。ここで詰まってました。相当書いたのに結局削りに削ってこの量に収まりました。

シリウス君の強さを描かなければいけなかったのですが、今はこれが……精一杯です。

次回分今必死で推敲中。今日明日中にと思っています。

サーチ更新は(5)のアップ後にまとめてやろうかと。

この記事のみを表示する姉とガラスの靴5更新

更新情報

更新しました。少々短めです。

べただなあ。でも、まあ、これは元々「ベタ恋」という企画作品からスタートしたのだから当然かもと思います。

……ベタにしては姉がアレな感じですが(汗

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(3)更新

更新情報

遅くなりました。最新話アップしてます。

もう、彼がしゃべるしゃべるで疲れました。この回は携帯からの人は見にくいだろうなあと思いつつ……

ものすごく頭を使ったお話でした。なんかもう、このキャラ難しすぎて振り返ってみたら矛盾があるんじゃないかって不安で堪らなかったりします。

後でまた読み直そうと……この回を書くために何回読んだんだって感じなんですけどね……(汗

主人公の心情というのは表現しやすいですが、その他は表現が大変難しいです。次回作からは絶対三人称を使うぞと心に決めています。


ともかくこの辺のドロドロを抜ければもうちょっと筆が進むはず……! 頑張ります。

この記事のみを表示する番外SS再掲載について

更新情報

こっそりと以前書いたSSを少々手直しして再掲載しております。

……これだけはなんとか載せておけると……私自身は思うのですが(汗

え、なんでこれ? と前読まれた方は思われるかもしれません。しかしこのアリス(の照れ具合)とリュシアン(のむっつり具合 汗)は自分の中で違和感がありませんでした。


あ、それからあまあまなヤツが読みたいとリクエスト頂きましたので、それならば、これかなあと……

新しく書いてもこんな風になると思ったので、いっそ再掲載する事にいたしました。


他2本の番外についても手直し後掲載しようとは思っています。(あ、でも風邪引きの方はいっそのことバトンだけで良いかなあとか)


後日談についても考えているのですが、アリスが難しくて書けずにいます。

一応本編に回収していない伏線がありまして、それを使いたいなあとは思っているのですが。(後日談のために残しているのに未だ書けずにいるのです……)


ともかく今週も頑張ります!

この記事のみを表示するはじめての朝

どうして君は猫なんだ!

あたしは、猫。リュシアン視点のあまあまな番外編です。金平糖くらいの甘さを意識してみました。PG12くらい。
本編 第4章28話の翌朝のお話。本編で甘さが足りない方向けのショートショート。

少々見直して、再掲載です。

     ──ゴ主人サマ、何カ御用ガオアリデスカ──



テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(2)更新 & お知らせ

お知らせ

すごく時間がかかってしまいました。

調べもの(薬関係とその歴史とか)が大量にあったのと、あと某キャラの台詞を拾ってました(汗


書き上がったのは早朝なのですが、推敲に時間がかかりすぎました。なんだか上手くまとまらなくて、今もなんだか気になる部分があったりします。

でもいくら直してもどうにも進まないのでとりあえず上げます。後で読んだらきっとスムーズに行くはず……。

(多分伏線を張る場所を失敗したのです。なので今更どうしようもない(汗 後でこっそり直します)


ええと次回も1週間後くらいになる可能性があります。

シンデレラをさすがに進めないと。いつの間にか2週間以上経ってる……! 私的にはこの間隔は有り得ない感じなので。雰囲気忘れかけてます。シンデレラお待ちの方、もう少しだけお待ちください。


あと、そろそろ周辺が慌ただしくなって参りました。

私10月に職場復帰します。更新間隔は減る可能性が大です。最低週一は保ちたいと思っていますが、実際復帰してみないと分かりません。予めご了承ください。


いつも拍手ありがとうございます! 励みに頑張ります!

この記事のみを表示する〈番外編〉よるのはざま

闇の眼 光の手 3部

闇の眼 光の手 第3部 第6章 君らしいやり方で(1)と(2)の間のワンシーン

時系列は君らしいやり方で(1)の、スピカがシリウスを部屋に誘った後のシーンになります……
スピカ視点と重なっていたり重なっていなかったり。
温いですがR15指定

2010.10.30 少し見直して再掲載。





 おしゃべりをしすぎた。これ以上、会話は要らない。彼は聡いから、どこからかヒントを見つけてしまう。今は、明日の朝までは、──悟られちゃいけない。
 彼はキスに応えようとしない。まだ何かを気にしてる。あたしはもう一押ししようと、彼の首に腕を回す。彼が断る事の出来ない果実で誘う。
「──部屋に行きましょう」
 その長い指に自分の指を絡ませる。そっと彼の心に忍び込む。最後は、彼の嬉しそうな顔が見たい。だから彼が求めるあたしを、精一杯演じよう。そして、彼の心を開いて、彼の中のあたしを全部手に入れて、その記憶ごと、彼の元を去るのだ。

 * * *

テーマ:自作小説(ファンタジー)
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 番外編 更新

お知らせ

本編を読み直していて、ああ、ここスポーンと飛ばしちゃったなあと思った箇所がありまして(汗

補完しておこうと思ったのです。

アンケート御礼もしたかったので番外も書きたかったし。


でもなんだか書き始めと別のものになった感じがします(汗

スピカ視点と比べると甘くはないし。夢(?)が壊れちゃった方とかいらっしゃったら申し訳ないです。


いつも拍手をたくさんありがとうございます!

本編も頑張ります!


追記:

この番外編は、改稿の際なくなる可能性大です。

おそらく必要な部分のみを本編になんとかして組み込むと思います。

この記事のみを表示する番外編 猫とネズミの騎士更新

更新情報

長くなりすぎたので……何度かに分けて上げることにしました(汗

昨日と言ってることが違う!

気まぐれですみません。10000字超えてしまったので、さすがに1ページに入れるのは重いかと。ケータイの表示範囲が5000字くらいだった気がするので。3000×3くらいで考えています。

それから全面改稿を行いました。ミステリー色が少しだけ濃くなって、後日談を書く予定なので、その辺の伏線を入れたり、キャラを少しずつ濃くしたりしています。大筋は変わりませんが、気になる方は読んでみて下さい。


現在ファンタジー小説大賞に参加しています。

何か心に残るものがありましたら、投票していただけると、これからの執筆活動において、大変励みになります。

宜しくお願いします。

この記事のみを表示する執筆状況とか

近況

猫の番外編5000字ほど書きました。でもこれ、全部書いてから一度に上げようかと思っています。

あと以前書いていた番外ですが、これまた改稿後、幕間として入れようかと。

番外がどうしても気に入らなかった理由が、アリスが猫っぽいという理由でした(汗

あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、これらのお話はきっと幕間に入れた方が楽しいはずだと思いました。

なので時系列を整理しつつ改稿してまた別の番外としていれようと思っています。


ごちゃごちゃやってて、闇の眼がお留守になっていてすみません。現在シリウス視点なので書き出したら割と進むんじゃないかとか楽観視しています(汗

私にとってはスピカ視点の方が難しいので……。ともかく頑張ります!

この記事のみを表示するケータイ小説大賞投票結果

お知らせ

本日発表されていました。

予想はしていましたが、やはり残れませんでしたー。残念です。

しかしこの機会に沢山の人にあの作品を読んでいただけて、本当に嬉しかったです。これこそコンテストの醍醐味です。それに、一時期Bランクに上がったりと、楽しい夢も見せていただきました(笑)

ケータイ小説の賞は初めてでしたが、大健闘でした。皆様の応援に感謝して、これからも頑張ります!

この記事のみを表示する人気投票結果

お知らせ

第2回キャラ人気投票(総合)の結果です!


テーマ:物書きのひとりごと
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する9/2 コメント返信

お知らせ

いつも拍手をたくさんありがとうございます! 以下お返事です!

そばかすほっぺさま

闇の眼 光の手 にコメントありがとうございます!

長いお話にお付き合いいただき嬉しいです。とにかく途中だれないように気を使って書いた作品です。楽しんでいただけて光栄です!

まだ先は長いですが、実はそろそろ終盤です。最後まで楽しめるように頑張ります。ありがとうございました!

この記事のみを表示するケータイ小説大賞投票終了

お知らせ

本日12時で締め切りだったようです。私、今日の夜投票しようと思っていたので――がっくり来ました。投票できなかったのが悔やまれます。

二次では必ず読もうと思っています。

9月に入ってから順位が分からなくなったのでそれ以降は知らないのですが、最後に見た時は70位から120位のクラスにいました。

明日結果発表があるので、結果はこちらでこっそりとご報告させていただきます。

皆様応援本当にありがとうございました!

この記事のみを表示するケータイ小説大賞エントリー中

お知らせ

しばらくこの記事をトップに置かせていただきます。

闇の眼 光の手 の第1部 をケータイ小説大賞なるものにエントリーしております。

よろしければ投票お願いいたします。

エントリーナンバーは1304です。

上のページから投票できますが、携帯のみで投票可能だそうです。

もし携帯で見ていただいてる方で、投票してやってもいいよって方、宜しくお願いします。

読者投票が第一次選考らしいので、相当な票を獲得しないと残れないと思います。

宣伝は苦手ですが、早々と諦めかけているのもどうかなと思いまして(どうしてもすぐ後ろを向いてしまう……)。もっと積極的になろうと思い直しました。

もともと私のお話はケータイ小説を読む年代に向けて書いているお話です。分かりやすい言葉を選んで、展開も飽きないようにスピーディにしています。ちゃんと読んでもらえれば、響くものがあるのではないかとチャレンジしてみました。

どうぞぽちっとお願いいたします。

8/19 中間発表を見てきました。Bランク(30位~70位)にランクが上がっておりました。応援ありがとうございます!

30位以上が一次選考突破です。9/3の投票終了まで諦めずに頑張りますので、応援宜しくお願いします!

この記事のみを表示する闇の眼 光の手 第10章(1)更新

お知らせ

大変お待たせして申し訳ありません。

漸く更新しております。

実は今朝2時間ほどで書いた(+2時間ほど推敲)ものです(汗

昨日まで全然書ける気がしなくて、どうしようどうしようとなっていました。が、いざPCの前で「第10章1」とだけ書いてある、真っ白なファイルを見ていたら書けました。不思議すぎます。なんていうか不安定な作者ですみません。


ちょっとしばらくこんな感じになると思います。

お待ちいただいてる方には申し訳ありませんが、うっかり始めた他作品の続編とか、番外編とか書きたいネタが暖まりつつありまして……(汗

一番の理由は、私自身が終盤に弱いのです。終わるのが悲しくて書けなくなってきます。3部は本当の終盤なので余計に寂しくてしょうがないです。といっても……第10章のプロットだけで1000文字越えなんですけどね(汗 第11章のプロットもそれ以上あったりしますけどね。しばらく終わらないとは思いますが……どうか、のんびりやらせて下さい。


それから! 拍手、毎日ありがとうございます。

大変励みになっています!

あとNEWVELさん他、ランキングもご協力ありがとうございます。またもや猫とシンデレラが上位にいて驚いていました!

続編更新とか番外編とか頑張ります。

この記事のみを表示するファンタジー小説大賞エントリー

お知らせ

本日より始まりました、アルファポリスさんのファンタジー小説大賞に「あたしは、猫。」をエントリー中です。


といっても……改稿が終わってません。

3章までに、どうしても追加しておきたい部分がありまして、悪戦苦闘しております。加筆ありの改稿版は今週中になんとかアップしたいなあと思っています。

読み直すとアリスのぶれが結構気になったりします。必死で修正してます(汗


今の段階で投票をお願いするのはなんというか色々わきまえていないなと思うので(一応トップで宣伝してますけど)、改稿後またきちんとお願いしようと思います。


いつか自分の作品を書籍で読んでみるのが夢です。

まだまだ未熟者ですが、チャンスがあればチャレンジだけはしていくつもりです。応援宜しくお願いします。

この記事のみを表示する絵本童話大賞終了しました

お知らせ

昨日で絵本童話大賞が終了しました。

最終的にはポイント順で二位で終了することが出来ました(9時に寝てしまったので……多分ですが)。

頂いた励ましを糧に、これからも頑張って作品作りに取り組もうと思っています。

投票していただいた方、本当にありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。