猫とワタシ

碧い林檎 連絡帳

更新情報や拍手お礼、その他ネタ

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するWeb小説カップルに30の質問/闇の眼 光の手

闇の眼 光の手 2部

1.お二人のお名前と小説の題名、カテゴリをどうぞ。
「作品名は『闇の眼 光の手』、読みは『やみのまなこ ひかりのて』。僕の名前? シリウスだ。正式には……って、公言しちゃ駄目なんだった」
「あたしは、スピカよ。……ねえ、妃になったら名前ってどうなるの?」
「あ、そうだね……多分作者が今慌てて考えてると思うけど。確か君の名前って、本文中では『スピカ』としてしか出て来なかったよね」


2.お二人の知り合った経緯、元々の関係は?
「幼馴染なんだ。母の実家に僕が遊びに行った時にいつも遊んでた」
「再会したのは……あなたが殺されかけて、城から逃げるのを手伝ったときね。ほんと、あの知らせを聞いた時は怖くてたまらなかった」
「男みたいに髪を切ってるから、すぐには分からなかったんだよね。ごめん」
「あたしも、あなたが女装してるからすぐには分からなかったわ。あれで女の子じゃないなんて詐欺よ」
「…………」

3.お二人の年の差、身長の差はどのくらいですか?
「同い年で、身長差は……スピカって実は女の子にしては結構背が高いんだよね」
「今は頭半分くらいシリウスが大きいかしら。再会した時はそんなに変わらなかったんだけど」
(シリウスが170cmくらいで、スピカが160cmくらいの設定です)

4.それぞれ第一印象を教えてください。
「第一印象って言ってもなあ……気がついたら傍にいたし」
「あたしは覚えてるわよ。だって、あなたの髪も眼も見た事も無いくらい濃い色をしていて、そこだけ色が違ってて、別次元みたいで、目が離せなくなるんだもの」
「それを言うなら、君は日の光みたいにキラキラしてて……」

―これ以降作者により強制終了―

5.告白したのはどちらですか? どんなセリフでしたか?
「えっと……」
「小さい頃から考えると、それらしいエピソードはあるんだけど……はっきり言われたのは再会してからね。えっと……なんて言ってくれたのかしら」
「……なんでそんな目で見るんだ。また言えって言ってるの? ここで?」

6.それを言った時のお気持ち、聞いた時のお気持ちは?
「だってさあ、君にぶいんだもの。僕の気持ちを知ってるくせに、他の男といろいろしようとしてて。僕の気持ちにもなってみてくれよ」
「(鈍い……ってシリウスには言われたくないわ)だってあの時はそんなたいそうな事とは思わなくて」
「で? あの時はどう思ったの?」
「………嬉しかったわよ。でもそれ以降何も言ってくれないから凄く悩んじゃったのよね……。プロポーズされて5ヶ月放っておかれたら、疑いたくもなると思うんだけど」
「…………ごめん」

7.ぶっちゃけ、他に一番好きな人がいたりしませんか?
「いない」
「いないわ」

8.彼、彼女の性格で好きなところはどこですか?
「スピカの好きなところ? 真っ直ぐなところかな」
「シリウスの良いところは、優しいところ。周りがなんと言おうと、あたしはそのままでいて欲しいって思うわ」

9.彼、彼女の性格で嫌いなところはどこですか?
「僕を……弟か子供みたいに思ってるところ。過保護なんだ」
「え? そんな事思ってないわよ」
「無自覚なところが………はぁ」
「シリウスは……忘れっぽいところかしら。あと……」
「(それについては何も言い訳できない……)あと……何?」
「…………女心が全く分からないところ」
「…………」

10.彼、彼女の外見(仕草や癖を含め)で好き嫌いはありますか?
「全部好きだけど、特に髪の毛と瞳……が好きだ(後はここでは言えない。言ったら怒る)」
「あたしはその真っ黒な瞳が好きよ。顔なんてどんな女の子も敵わないと思うの。睫毛だってすっごく長いし。髪の毛だってツヤツヤで。あとは……シリウスって……凄く綺麗な肌をしてるのよね。っていうか……外見では全て負けてる気がするのよ……」
「もっとなんていうか……別のところを褒めてくれよ」

11.お互いの理想には近いですか、遠いですか?
「彼女以外考えられない」
「理想なんか最初っから無かったかもしれないわ」

12.お付き合いはどのくらい続いていますか?
「えっと……夏に再会して、成人の儀が新年だろう? で、お披露目が春。今の時点(第2部終了後)で、え? 半年ちょっと? まだそれだけ? 40万字以上あるくせに」
「意外に短いわね、もっと長いかと思ってた」

13.初デートはどこでしたか? どうでした?
「デートと言えるものは一回もした事が無いような」
「そういえばそうね……それどころじゃなかったものね」

14.初キスはどこでですか? どうでした?
「初キス……って、えっと」
「父の倉庫の中で押し倒されたわ」
「!」
「今考えると、シリウスはあの時から強引だったのよ」
「…………ごめん」

15.ぶっちゃけどこまで行ってますか?
「今更何を聞いてるんだよ。僕たちは夫婦なんだ。当然……」
「シリウス!!」
「……(言われてる事の意味は分かるようになったんだ)」

16.一番心に残っているプレゼントは何ですか?
「シリウスの本当の名前。あ、あたし、何もあなたにあげてないような気がするわ」
「いいや? スピカ、君が妃になってくれた事が……」

作者により強制終了-

17.恋愛と結婚は同じ線の上にありますか?
「同じ線の上にあるとは信じられなかったけど……」
「あったから良かった」

18.お二人の結婚はいつ頃がベストだと思いますか?
「もう結婚しちゃったよ。でももっと早くても良いくらいだった(あの五ヶ月のお預け期間は辛かった……)」
「そ、そう? あたしは……ちょっと早かったかなって」
「え?」
「だって、16になったばっかりだったし……えと、その、いろいろ心の準備が(本音を言うと間に合わなかったかも)」

19.子供は男女何人欲しいですか?
「皇子と皇女を一人ずつくらい欲しいな。でも今はまだ要らない。……分かってるよ、子供が産まれればスピカの地位が安定するってことは。それでも……二人だけの時間が欲しい」
「……こういうのって自然に任せるのが良いと思うんだけど(っていうか、シリウスは子供が出来ないようにとか、そういうのってまったく考えてない気がするのよね……)」

20.お互いのプライベートは守られていますか?
「プライベートなんか要らない」
「…………(あたしは少しは欲しいわ)」

21.どんな喧嘩をしますか? 喧嘩をしたらどうしますか?
「普段しないから……する時は別れるんじゃないかっていうくらいひどいものになっちゃうわ」
「普段怒らない人間は怒ったら怖いからね」
「流されて元通りっていうのは絶対嫌なの」
「……そうだろうね。ごめん。僕が悪い(でも……これからは不満が爆発する前に溜めずに言って欲しい)」

22.彼、彼女はモテますか?
「スピカはモテる。腹が立つくらいにモテる」
「そんなわけ無いでしょ! シリウスだって、この間は4人の妃候補に囲まれて鼻の下のばしてたじゃない!!」
「僕のは……仕方ないだろ。全部断ったし。……君、自覚が無いから困るんだ」

23.どこからが浮気だと思いますか?
「気持ちが浮けばね。そんな事無いよね?(キスからって言いたいけど……お互いのために言わない方が良いよな)」
「(シリウスに忘れられて、ルティに少しだけ気持ちが傾きかけた事があったわね)…………無いわ」
「何!? その間は!」

24.浮気をされたらどうしますか?
「……なんだかんだで許してしまいそうな自分が嫌だ」
「妃をやめるわ(相手の人を殺しかねないし)」
「!」

25.別れを考えたことはありますか?
「僕は無いけど……スピカはあるだろうね……」
「あるわね……3回ほど(6歳の別れのときは二度と会えないと思ってたわ)」
「え、3回って……(えっと一回目は忘れた時で、二回目は無理強いした時で、じゃあ三回目は!?)」

26.死に別れてしまったらどうしますか?
「僕より早く死ぬなんて許さない」
「あたしだってそうよ。あなたの代わりにあたしが死ぬわ」
「またそんな事……だめだって!(なんでこんなに頑固かなぁ)」

27.生まれ変わっても一緒になりたいですか?
「当たり前よ」
「………僕もだ(うわ……凄く嬉しいんだけど!)」

28.何か一つ思い出を語ってください。
「えっと、本編では言わなかったけど、シリウスの小さい頃の話とかどうかしら(凄く泣き虫だったのよね)」
「それだけは止めてくれ……」

29.お互いに、愛をささやいてください。
「あい……あれ?(気がつけばまた言わされてるよ)」
「!(なんでそこで止めちゃうの!)」

30.最後まで読んでくださった方にひとことどうぞ。
「「少し先になりますが、第3部もよろしくお願いします!」」

「バカップルですみません」by 作者

※第三部および親世代のスピンオフ、開始は『あたしは、猫。』終了後となる予定です。気長にお待ちくださいませ。どちらが先になるかは未定です。

配布元:http://yuzukimi.fc2web.com/30situ.htm
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示するWeb小説カップルに30の質問/かえるのおうじさま

かえるのおうじさま


1.お二人のお名前と小説の題名、カテゴリをどうぞ。

ハインリヒ「だそうですよ、ユーリ様、アンジェリカ様。一応自己紹介をお願いします」

ユーリ「えーと。俺はフェルディナント・ユーリ・カストック」

アンジェリカ「私はアンジェリカ・ヴァレンティーネ・リュンベルク。かえるのおうじさま……っていう小説に登場してるらしいわね。っていうか、何? その間抜けな名前」


2.お二人の知り合った経緯、元々の関係は?

ユーリ「知り合った経緯……思い出したくないんだけど」

アンジェリカ「ユーリがワガママ言ってカエルにされちゃったんでしょう。で、ハインリヒに置いて行かれてしまったのよね」

ハインリヒ「私のおかげって事ですね(誇らしげ)」

ユーリ「…………もうちょっとまともな出会い方もあったと思うけど……。普通に城を訪問してただろ、確か」


3.お二人の年の差、身長の差はどのくらいですか?

ユーリ「それは、今の、でいいんだよな? 身長差は頭一つくらい俺の方が高い」

アンジェリカ「歳の差は3つ。私の方がお姉さんよね……。よく考えたら3つも上なの……?」

ハインリヒ「……お似合いですよ、いろんな意味で」


4.それぞれ第一印象を教えてください。

ユーリ「…………(可愛かったけど、ガキだと思った)」

アンジェリカ「…………(とても言えないわ)」

ハインリヒ「お気持ちは分かりますが、何か答えてくださいよ」


5.告白したのはどちらですか? どんなセリフでしたか?

ユーリ「え、ええええと」

アンジェリカ「ユーリからよね!」

ユーリ「…………(そういえば……俺、言われたか? 言われてない!?)」

ハインリヒ「ユーリ様? なんだか顔が青いですけど?」


6.それを言った時のお気持ち、聞いた時のお気持ちは?

アンジェリカ「まさか人生で最初に受ける告白がカエルからなんて――、って本文には書いてあったけど(多分今もう一度同じ事を言われたら違うでしょうけどね)」

ハインリヒ「ユーリ様? なんでふてくされてるんです?」

ユーリ「…………」


7.ぶっちゃけ、他に一番好きな人がいたりしませんか?

ユーリ「いないよな!?」

アンジェリカ「そっちこそ、いないわよね!?(ベアトリクス姉様のこと、忘れてないんだから!)」

ハインリヒ「ベアトリクス様も素敵でしたが、やはりユーリ様のお姉様が……」

ユーリ&アンジェリカ「……誰も聞いてない」


8.彼、彼女の性格で好きなところはどこですか?

ユーリ「(子供っぽいところ)……って言ったら怒るだろうな」

アンジェリカ「何? ユーリの好きなところ………………………………健気なところ?(うわわ、思いつかないかも!)」

ユーリ「何? その間」


9.彼、彼女の性格で嫌いなところはどこですか?

ユーリ「……」

アンジェリカ「……」

ハインリヒ「似た者どうしですからね、お互い嫌いなところに心当たりがあるんでしょう?」


10.彼、彼女の外見(仕草や癖を含め)で好き嫌いはありますか?

ユーリ「……瞳の色が好き、かな(……他はちょっとここでは言えないよな……)」

アンジェリカ「私も目の色が好き。あと髪の色。……何赤くなってるのよ?」

ハインリヒ「全年齢ですから、このお話は」


11.お互いの理想には近いですか、遠いですか?

ユーリ「理想……外見は理想通りだった」

アンジェリカ「私も、『今の外見』は」

ハインリヒ「それは互いに喧嘩を売ってるんですか?」


12.お付き合いはどのくらい続いていますか?

ユーリ「えーと」

アンジェリカ「現時点で(番外編終了後まで)二月ほど」

ユーリ「お付き合いって言えない時期があったからな……寝込んでて」


13.初デートはどこでしたか? どうでした?

ユーリ「デート」

アンジェリカ「どこからどこまでがデートと言えるのかしら」

ハインリヒ「デートの定義を決めないと何とも言えないですね」

ユーリ「(……出会ってすぐに一緒に風呂に入って、一緒に寝たってのはどうなんだろう)」


14.初キスはどこでですか? どうでした?

ユーリ「…………(ちらり)」

アンジェリカ「この間聞いたんだけど、寝てる間にされたらしいわ、どうやら。『勝手に』しかも『カエルの姿で』」

ハインリヒ「言わない方が身のためでしたね」


15.ぶっちゃけどこまで行ってますか?

ハインリヒ「!! 全年齢ですから! その質問はなしでお願いします!(オロオロ)」

ユーリ「……………(早く答えられるような事になりたい)」

アンジェリカ「え? 何かまずい質問だった? 今の」(お約束ですから)


16.一番心に残っているプレゼントは何ですか?

ユーリ「あ、えっと」

アンジェリカ「あの上着よね? 頑張って作ったんだもの」

ユーリ「…………(貰ったキスが一番嬉しかったとか、言えないか)」

ハインリヒ「ユーリ様、真っ赤ですけど?」


17.恋愛と結婚は同じ線の上にありますか?

ユーリ「まあな」

アンジェリカ「なかなか、大変そうだけど」


18.お二人の結婚はいつ頃がベストだと思いますか?

ユーリ「一日でも早くしたい(切実)」

アンジェリカ「早いに超した事は無いけれど…………そこまで?」

ハインリヒ「温度差がすごそうですね」


19.子供は男女何人欲しいですか?

アンジェリカ「女の子がいいわ。男の子って元気だし大変そう……。ああ、でもたくさん欲しいかも。ねぇ?」

ユーリ「…………」

ハインリヒ「あえて何を考えてるかは聞きませんが」


20.お互いのプライベートは守られていますか?

21.どんな喧嘩をしますか? 喧嘩をしたらどうしますか?


アンジェリカ「ユーリがカエルの時は……………(ギロリ)」

 ……そうよ、やっぱりせめてお風呂は断るべきだったのよ!」

ユーリ「俺は断った!! お前が勝手に連れて行ったんだろ!?」

ハインリヒ「すごくくだらない事で喧嘩してます」


22.彼、彼女はモテますか?

ユーリ「もてた覚えはさらさらない」

アンジェリカ「…………(疑惑のまなざし)」

ハインリヒ「ま、まあ、ユーリ様はまだ13歳ですから。縁談もこれから増えてくるはずだったんですがね」

アンジェリカ「なによ! 私がラッキーだったって言いたいの!?」

ハインリヒ「まあ……おそらく性格で断られたと思いますよ、あのまま行けば(同類でしょう)」


23.どこからが浮気だと思いますか?

アンジェリカ「ユーリのアレは、浮気だと思うわ」

ユーリ「だから……何の事だよ(なんで知ってるんだろ)」

アンジェリカ「とぼけないでよね!」


24.浮気をされたらどうしますか?

アンジェリカ「ころすわ」

ユーリ&ハインリヒ「(ゾッ)」


25.別れを考えたことはありますか?

アンジェリカ「ん――(この間、ひと月放っておかれた時はちょっと考えたかしら)」

ユーリ「お、おい!?」


26.死に別れてしまったらどうしますか?

アンジェリカ「それが嫌でキスしたんですもの(ツン)」

ユーリ「…………(真っ赤)」


27.生まれ変わっても一緒になりたいですか?

ユーリ「もし生まれ変わって、逆の立場になったら……(カエルにキスをする事を想像)……アンジェリカ、本気で感謝する!」

ハインリヒ「かえるのおひめさまですか。なんだかそっちは壮絶な感じがしますね」


28.何か一つ思い出を語ってください。

ハインリヒ「ファーストキスの思い出でも……(今後の参考に)」

ユーリ「作品中でも語らなかったのに、ここで話せるわけないだろ(恥ずかしいんだよ)」


29.お互いに、愛をささやいてください。

ハインリヒ「……だそうですけど」

ユーリ「そういえば……俺、お前から何も聞いてないんだけど」

アンジェリカ「……そ、そうだったかしら?」

ユーリ「…………」

アンジェリカ「そんな犬みたいな目をしても何もでないわよ」

ユーリ「(撃沈)」

ハインリヒ「作者が強烈に苦手としている事ですからね。あの人、男にはさんざん言わせるくせに、女の子からは言わせないですから」


30.最後まで読んでくださった方にひとことどうぞ。

ユーリ「…………どうもありがとう…………」

ハインリヒ「元気にやってくださいよ(さっきの引きずってるな……)」

アンジェリカ「いつも読んでくださってありがとう! でも、人気投票でいくら人気があっても、ユーリは私のものだから、ね!(にっこり)」

ユーリ「!!」


元ネタはこちらからいただきました

http://yuzukimi.fc2web.com/30situ.htm

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示する拍手設置とブログの移行について

お知らせ

拍手を各小説の最終ページに設置してみました。

最初からそうすれば良かった……と今頃気がついて。

お気軽にコメントいただければ嬉しいです。よろしくお願いします。


また、今までPC版ではサイトトップページから日常日記に飛んでましたけど、くだらない記事が多すぎるので、これからはこちらであとがきや更新履歴を載せて行こうと思います。(携帯版では以前と同じように日記が見れます)


以前の日記はこちらから見れます。相変わらず読書履歴とかそういうのばかりですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。